merumaga_head

 

From:プレ達 櫻井俊輔

ワンタンスープって、
何分くらいでできると
思いますか?

先日、母と中華料理屋で
食事をした時の話。

母は、四川風焼きそば定食、
私は、豚角煮定食を頼みました。

四川風焼きそば定食は、
焼きそばとワンタンスープのセット。
豚角煮定食は、豚の角煮と、
青椒肉絲のセット。

料理を頼んで、少しすると、
豚角煮定食が先に、私の目の前に。

まずは、ひと口

「う〜ん。この豚角煮、
なんかイメージと違う味がする・・・」

不味くはないけど、
味が薄くてビミョー。
ちょっと複雑な気持ちでいるところに、
四川風焼きそば定食が、
運ばれてきました。

「四川風焼きそば定食です。
あと、ワンタンスープがつきますので、
少しお待ち下さい。」

という店員さんの説明。

そうなんです、トレイの上に、
まだワンタンスープが乗っていないんです。

まあ、あとから来るということなんで、
母は先に焼きそばを食べ出しました。

しかし!!!

焼きそばを半分くらい食べても、
まだスープがこない。
そこで、母が店員さんを呼ぶと、
さっきと違う店員が来て、

「いま、ワンタンを温めています。」
「ワンタンスープは、
時間がかかる料理なので、
待ってください」

という発言。

「え〜〜〜」
「ワンタンスープが時間がかかる???」
「肉団子をワンタンで包んだものですよね。
焼きそばを炒める時間と、そんなに時間差が
あるとは思えない!」

と言いたかったけど、
すぐに店員が去ってしまった。。。
母は、

「うそ言って!」

と一言。

店員のこの発言。
どう思いますか?

明らかに、自分たちを守るための、
自分たち目線の発言ですね。

人は、批判されたり、意見されたりすると、
無意識に防御反応を示します。
その時は、かならず自分目線になる。

私は多くの場で、
自分目線になり、自己防衛をしたために、
相手の反感をかって、怒られたり、
商談が破断になったりしたケースを
見てきました。
(自分自身も体験しました・・・・)

日頃は、相手のことを思って、
行動している人も、
体調が悪かったり、忙しかったりすると、
自分中心になってしまうことがあるので、
注意をしてくださいね。

結局、このワンタンスープは、
焼きそばを全て食べ終わってから、
やってきました。

店長らしき人の謝罪と共に・・・

あっ!青椒肉絲は美味しかったですよ(^^)
けど、もうあの店にはいかないかな〜
あの店は2人の顧客を失ってしまいましたね。


※ この記事は、メルマガ ”プレ達通信”で配信している内容です。
※ メルマガ登録することで、毎朝、”プレ達” 櫻井俊輔からのメッセージがあなたのもとに届きます。

メルマガ登録フォーム