merumaga_head

 

From:プレ達 櫻井俊輔

ちょっと前に、
来年の就職活動は、
6月から選考開始になるという
ニュースが流れていました。

毎年、毎年、
ルールが変わって、
学生たちは大変ですよね。

学生も大変なら、
就職指導をする先生や職員たちも大変。

私も専門学校教員時代、
担任クラスの就職指導をしていましたが、
どんなに優秀な学生でも
企業のルールに従わなければ
いけないんですよね〜。

他学科の子でしたが、
ある学生などは、
内定していた企業を
卒業間近3月になって
内定をなかったコトにされました。

どうやら、
企業が課していた試験に
合格できなかったらしいです。

まあ、ちゃんと取り組んでいなかったので、
自業自得な部分はありますが、
しかし、学生側の言い分や
状況などはまったく考慮されない。

企業のルールが全てでした。

スポーツの世界でも、
一時期、スキーのジャンプや
フィギアスケート、柔道など
日本が好成績をおさめていた種目で、
日本人にとって不利となるような
ルール改正があったなんてことで、
話題になりましたよね。

(日本人の成績を悪くするという
意図があったかどうかはわかりませんが…)

これって、

ルールを作った人。
ルールを管理している人。

が強いということ。

スポーツなどは、
ルールのもとに最高の成績を
おさめるから
みんな感動するのですが、
ビジネスでは違います!

人が作ったルールのもとで、
いくらがんばっても、
いきなりルールを変えられたら
オシマイです。

ルールに合わせて、
また、四苦八苦する。

それでは、
ビジネスで成功するのが
遠ざかってしまいます。

ビジネスで成功したいなら、
ルールを作る人になること
だと、櫻井は思っています。

「ルールを作る人」とは、

例えば、
自分が考えた手法やコンテンツを
広めることで、弟子やファンが増え、
その人たちを集めて、
協会のような組織を作ってしまう。

そうすると、
あなたがルールを作る人になれます。

どんな人でも、
オリジナルなコンテンツを持っていますし、
そのコンテンツを欲している人がいる。

それに気づいて、
ルールを作る側に回った人が
大成功をおさめます。

人のルールの中で、
がんばってもダメですよ

あなたは、どんなルールを作れますか?


※ この記事は、メルマガ ”プレ達通信”で配信している内容です。
※ メルマガ登録することで、毎朝、”プレ達” 櫻井俊輔からのメッセージがあなたのもとに届きます。

メルマガ登録フォーム