merumaga_head

 

From:プレ達 櫻井俊輔

昨日のメルマガで書いた

P庁での話。

(昨日のメルマガを読んでいない人はこちらを読んでね

この話は、
拙書にも書いたのですが、
P庁の班長さんに”等”で
怒られました。

なんで怒られたかというと…

班長さんに

「Aシステムのプロジェクトは、
設計のやり直し等が発生したため
1週間の遅延です。」

と報告したら、

「設計のやり直し”等”ということは、
設計のやり直し以外に遅れの原因が
あるということだよね。
他に何かあったの?」

と聞かれてしまいました。

班長さんがいうには、
”等”という言葉は、
2つ以上のことがあるということだから、
原因が1つであるなら、
”等”を使うのは報告として
不正確だというんです。

なんでも曖昧にしたがる日本人は、
しょっちゅう、「◯◯等」って
使っていませんか?

これって、
自分の言葉に逃げ場を
作っているんですよね。

言い切るとその事柄を
断定してしまう。

けど、断定しきる自信がないし、
無意識に
相手から突っ込まれた時のことを
考えて、”等”という逃げ場を作ってしまう。

報告やプレゼン・営業などの場において、
あいまいな表現は
相手に不信感を抱かせてしまうので、
要注意ですよ。
 

PS.
理系でなくても必読。
コミュニケーションの本質が身につく本
↓↓↓↓
『理系脳』のための『文系』を怒らせない技術


※ この記事は、メルマガ ”プレ達通信”で配信している内容です。
※ メルマガ登録することで、毎朝、”プレ達” 櫻井俊輔からのメッセージがあなたのもとに届きます。

メルマガ登録フォーム