他人からどう見られているかって気になりますよね。
特にプレゼンテーションなどで人前に立つと、
聴衆からどう思われているか気になるものです。。。
しかし、あまり気にしすぎると自己評価って下がってしまいますよ。
実は先日、子供と算数検定・数学検定を受験してきました。
私が受けた級は、高校1年生レベル。
受験している子も、小6くらいから高校生が中心。

10代の中におじさんが混じっている・・・

昔の自分だったら、「恥ずかしい」気持ちになっていたと思います。
子供達からどんな風に思われているのだろう・・・
って感じに。しかも、今回はちゃんと勉強をしていなかったので、
回答できない問題もたくさん(><)

周りから見られていることを気にしすぎて、
「恥ずかしい」と思うその前に、
新しいことにチャレンジしている自分に自信を持つ。
チャレンジした結果はどうであれ、
チャレンジすること自体が素晴らしいことです!!
プレゼンテーションにおいても、人前で話をしているだけで
まずはあなたは素晴らしいのです。
精神論的ですが、多くの人ができないことをあなたはやっている。
その気持ちの余裕が、伝える力を向上させます。
心と技が合わさって、最高のプレゼンテーションができるわけですね。