先日、ある企業様で会議を行っていたら、

〜〜〜〜」

という奇妙な声が聞こえてきました。
なんだろうなぁと思いながら、会議を続けていると、
続いて、

「あ、え、い、う、え、お、あ、お」

という声が。
どうやら、プレゼンテーション研修を行っているみたい。
しかし、プレゼン研修というと「話し方」に着目していることが多いですね。
プレゼンテーションの練習で、「話し方」だけ学んでも、
相手の心を動かすプレゼンはなかなか身につきません。
プレゼンの理論「EsDiP理論」でもさまざまな要素を伝えていますが、
一番、フォーカスされない部分、後回しにされてしまっている部分は、
「あなた自身の人間性」‼︎


どんなに話し方のテクニックを学んでも、
あなたが自信を持って話していなかったり、
素の自分を受け入れ、それを自己開示できるようになっていないと、
相手の心はなかなか動きません。
けど、
素の自分を受け入れる=「自分を愛する・認める」

ことができていない人が、多くありませんか?
あなたの周りにも素晴らしい性格をしていたり、強みや経験を持っているのに、
「自分なんてまだまだだから・・・」
なんて言っている人いませんか?
大勢の前でのプレゼンテーションでも、1対1のコミュニケーションでも
自分に自信を持って話すと、相手へのメッセージの伝わり方が違ってきます。
まずは、
「自分を認める・自己承認する」

ことが大事。
そのためにも、自分の長所、良いところを改めて考えてみると良いですよ!