プレゼンやセミナー・講演など多くの人の前で話をすると、立派な話をしなければ
いけないと勘違いしてしまう人が多いですね。
自分の話を聞きにきているのだから、専門的な役に立つ話や成功事例を
たくさん話そうとする訳ですね。
けど、良い話ばかりしていると、実は聴衆の心は離れてしまっていることがあります。

「あの先生だからできる話でしょ」
「自分たちにはできないことだから、関係ないや!」

という感情に聴衆がなってしまっている時ですね。
なぜ、そうなるのでしょうか?
それは、『プレゼンター=先生』となってしまい、
聴衆である自分たちよりも次元が高い人、自分とは違う人だと、
聞いている側が勝手に思ってしまうからなんです。
079_1.jpg
聴衆の心を引きつけ、共感される人は、『プレゼンター=先生』とは思わせません。
『プレゼンター=自分たちの未来の姿』

と思わせるんですね。
その為に、聴衆が日頃悩んでいそうなことや、
おかしてしまっている失敗と同じような自分の失敗談をたくさん話します。
そうすると、聴衆はプレゼンターを身近な人、自分たちと同じ人と認識します。
人前で失敗談を話すことは勇気がいりますが、失敗談を話す効果は絶大です!
私自身も専門学校教員時代に、自分のSE時代の失敗談を話した時と、
何も話さず技術を教えた時では、失敗談を話した時の方が生徒は素直に
その後の技術的な話も受け止めていました。
また、聴衆に共感される人は、自分のプライベートなこと、
例えば、家族のこととか、趣味のこととかを話すことも多いです。
そうすることによって、より人間味が出て、身近な人に感じられる訳ですね。