久しぶりに『話し方』の話…
話を聞いていても説得力がないんだよなぁ
ってことありませんか?
方や、何が要因かはわからないけど、説得力がある人もいます。
プレゼンテーションなど、相手に行動を促すコミュニケーションをする上で、

説得力

があった方が良いですよね。
この説得力を増す話し方というものがあります。
その1つが、
数字で語れ!
ということです。
話の中に数字や統計、データなどを入れて話をする。
ただ、
「売上が下がっていますので、対応策を考えましょう」
というのではなく、

「売上が前年比20%下がっています。だから、早急に対応策を考えましょう」

というと、どれだけ下がっているのかが明確になり、現実が見えて説得力が増してきます。
073_1.jpg
また、
「多くの企業がこのサービスを利用しています」
ではなく、

「○○という調査によると、中小企業の80%がこのサービスを利用しています」
「○○という調査によると、中小企業1000社がこのサービスを利用しています」

と、言った方がよいですよね。
説得力を増すために、あなたの話の中で、数字で語れる部分はないか、いま一度、チェックしてください。