これからしばらくは、『プレゼンテーション資料作成』に関するトピックをお届けします。
先日のブログで、プレゼンテーション資料を作成する時のよくある間違いについて、ちょっと書きました覚えていますか?
プレゼンテーション資料作成のよくある間違い

は、コレです!
036_1.jpg
これを見てドキッとした人がいるのではないですか?
特に、『いきなりPCで作り出す』
これは多く人がやってしまっていることですね。なぜダメかというと…

036_2.jpg
いきなりPC、つまり、PowerPointやKeynotなどのプレゼンテーションソフトに向かってしまうと

・話したいことを考えながら、PowerPointやKeynoteに文章を打ち込んでしまうので、文字だらけのスライドになる。
・細部に凝ってしまい、全体感を見失うことが多い。
・1スライド1スライドを個別に考えがちなので、全体のストーリーがつながらず、違和感があるプレゼンになる


という傾向にあります。
皆さんが上手くプレゼンテーション資料を作れない、文字だらけのスライドになってしまう訳は、いきなりPCに向かってしまうことが原因であることが多いです!
では、どうするのか。
それは、まずはアナログで考えるんです!!
036_3.jpg
私は、以前紹介した無印良品の4コマノートを使って、全体のストーリーを考えながら、1つ1つのスライドをどのように作成するかラフスケッチを書くようにしています。

それを怠って、いきなりPCに向かうと、予想以上に時間がかかったり、途中で行き詰まってしまうことが多いですね。
皆さんも資料作成するときは、
まずはアナログ!
ということを覚えておいてください。