先週の月曜日は部下と面談をするために小田原に行ってきました。
すこし時間があったので、新幹線改札前の本屋で情報収集。
そこで、自分が言っていることと同じことを言っている本に出会いました!
信念を持っていままで話をしてきましたが、この本と出会ったときは、それが裏付けられたようでとても勇気ができました。
その本とは、
12年連続視聴率トップ
朝の情報番組「とくダネ! 」でプレゼンターを務めた長谷川豊アナウンサー

『魔法のように良く分かる「伝わるプレゼン」の教科書』

という本。

魔法のように良く分かる「伝わるプレゼン」の教科書 魔法のように良く分かる「伝わるプレゼン」の教科書
(2014/04/28)
長谷川 豊

商品詳細を見る

間違いだらけの「おしゃべり講座」に鉄槌を下す!

ということで、文体はちょっと過激で、好みが分かれるところだと思いますが、書いてあることにとても共感しました。
そして、本書の中に、
プレゼンとは心を動かす話術

であると明確に書いてあり、その考え方を土台として、プレゼンについて説明をされています。
ある程度の話し方のテクニックは必要だとは思いますが、私は、全員が全員同じようになる必要はないと常々感じていました。そのため、声の出し方とか腹式呼吸の仕方なんてことを教えたことはほとんどありませんでした。
本書を読んで、それで良かったんだ。
話し方のテクニック以前に、もっと大切なことがあるんだ。
と、改めに認識しました。