先週の金曜日は、15名の新入社員を対象にプレゼンテーション研修を実施しました!
本来であれば2日間くらいかかる内容を、研修スケジュールの関係で1日で。。。
盛りだくさんになりそうな状況ですが、講義の進め方を工夫することで、
15名のプレゼン巧者が誕生しました!!!
026_1.png
もともと素養があった人達ではありましたが、やっぱり中には「人前で話すのが大の苦手」という人もいました。
人前に立つと緊張してしまい、「え〜」という非単語がたくさんでる人も。
しかし、最後の3分間プレゼンでは、PowerPointを使って、自身の感情を込め、ジェスチャーを交えて堂々とプレゼンができるように。
どのようにして講義を行ったかと言うと…

それは、
反転授業
という手法を使いました。
026_2.jpg
反転授業って知っていますか?
反転授業というのは、受講生が新たな学習内容を自宅でビデオ視聴などで事前学習し、教室では講義を行わずに、逆に従来だったら宿題とされていた課題について、受講生個々の理解度に合わせて先生が個別に指導をしたり、受講生同士で恊働しながら取り組むといった形態の授業です。
今回のプレゼンテーション研修では、
事前にYoutubeにアップしてある動画コンテンツ

を自宅で見てきてもらいました。
そして、研修開始15分で、いきなり30秒間プレゼンの実習を行う。
研修ルームではほとんど講義を行わず、
事前学習した内容に基づき、実習を繰り返し行う
ことでプレゼンテーションスキルを身につけるような講義形式にしました。
今回は自社の新人研修ということで、このような研修が簡単に成り立ちましたが、『反転授業』は効果がある手法でもあるので、今後も取り組んでいきたいと思っています。