話し方のポイント VISUALの最後は、
表情
です。
023_1.jpg
緊張からか、よく無表情で登壇してくる人がいますね。
不安そうな顔の人もいます。
そのような方が、話し手だったらどうでしょうか?
聞き手としては不安になりますよね。
マッコーネルの微笑論
というものがあります。
そこでは、
‘笑顔は人間の最も大切な資産。しかめっ面は精神的汚染剤’
と言っています。
あなたの表情は、精神的汚染剤になっていませんか?
やっぱり話し手は
笑顔が一番!
023_2.jpg
その方が聞き手も、緊張が和らぎますし、安心して話を聞くことができます。
けど、いつもニコニコしていれば良いという訳ではありません…

ずっとニコニコしているのも変ですし、軽薄に感じますよね。
時には真剣に話すのも重要!
ニコニコ8割、真剣2割
を目安に私は話をしています。
また、自身のエピソードを話したりすると、感情がこもり、よい表情で話ができるようになります。
声のメリハリの話でも書きましたが、エピソードを話せば話すほど、話し方が豊かになっていきますよ。
(声のメリハリについては「声のメリハリをつけるには、体験談を話せ!」を見てくださいね。)
最後に話し方のポイント VISUALの立ち姿/表情についての動画(5分55秒)もアップしておきます。
是非、復習に使ってくださいね。