7・38・55という数字を耳にしたことはありませんか?
話し方や営業セミナーなど、コミュニケーション系のセミナーでよく講師が話をする数字です。
話し方のポイントには大きく分類すると2つのV があるという話をしました。
017_1.png
VOCALVISUAL ですね。
話の内容と音声情報(VOCAL)や見た目などの視覚情報(VISUAL)のどちらが大切かという話をされるときに、先ほどの7・38・55という数字が出てきます。
メラビアンの法則
と言われるものですね。
アルバート・メラビアンという心理学者が行った実験の結果、
人が話をする時、

・話の内容などの言語情報が7%
・口調や話の早さなどの聴覚情報が38%
・見た目などの視覚情報が55%

の割合で相手に影響を与えるということが分かったという内容です。
大部分がVISUALに影響されているので、VISUALが大切ですね!
と、ただ鵜呑みにするのは待ってください…

メラビアンの実験に関しては、曲解されている部分が多くあるので注意が必要です。
実は、メラビアンは「好意や反感などの態度や感情のコミュニケーションにおいて、言っている内容と口調や態度などが矛盾をしている場合に、どちらに強く影響されるか」を実験したものです。
例えば、『怒った顔をして、「ありがとう」と言う』。その場合、人はどのように感じるかを実験したということですね。
だから、普段のコミュニケーションにおいて、VOCALやVISUALが全てという訳ではありません!
ちゃんと話の内容もしっかり考えなければいけません。
とはいえ、
曲解が生まれてしまうほど、
また、「人は見た目が9割」という書籍がヒットしてしまうほど、
人は視覚情報を重要とする
のは、みなさんの実感値としても納得するものではないでしょうか?
そういう意味で、私はプレゼンテーションにおいてVISUALが大事だと思っています。