話し方のもっとも基本的なことは、
声の大きさ

そして、
声の高低、メリハリ
です。
013_1.jpg
声の大きさは、聴衆に聞こえるしっかりとした声を出すということ。
改めて言われるまでもなく、当たり前ですよね。
けど、多くの人が、なかなかしっかりとした声が出せない・・・
実は、声の大きさを決めるコツがあるんです。
それは…

第一声は、会場の一番左奥の人を見て話す
ということ。
013_2.png
多くの人が、最初は会場の前の方に向かって話しだします。知り合いが最前列にいたりすると、いきなり最前列の知り合いに向かって話しだす人もいますね。
人は、自分が見ている人が聞こえる声で話をします。
だから、前の方を見て話をしてしまうと、前の方しか聞こえない声になってしまう・・・
第一声を会場の一番左奥、つまり、もっとも遠い人を見て話かければ、その人に聞こえる声の大きさになるので、自ずと会場全体に聞こえる声で話せるようになります。
このようにして、声の大きさを決めていきます!
私も最初の挨拶

「おはようございます」
「こんにちは」

は、会場の一番左奥の人に向かってしていますよ。
私のセミナーに参加する機会があったらチェックしてみてくださいね。