4月10日から自社の新人研修の講師を実施しています。
3ヶ月間の研修期間のうち、16日間が私の担当。(結構多いですよね・・・)
まずは、第1タームの5日間が始まりました!
003_1.png
今年担当するのは、「IT研修シリーズ」と、もちろん「プレゼンテーション研修」!!
最初の5日間は、「IT基礎」ということで、IT素人の(と、言うか IT に距離感がある)新入社員に対して、ITを基礎から教えています。
研修やセミナーでいつも大事にしていることは、最初の30分間!
この30分間のために、準備段階で自分の知力の8割を使います。その訳は・・・

最初の30分間で、しどろもどろに話をしていたり、なかなかプロジェクターにスライドが映らなかったり、講師がどんな人なのか分からなかったりしたら、皆さん、その研修やセミナーを聞く気になりますか?
私は聞く気になりません!
最初の段階で準備不足なことが感じられてしまうと、聴衆はその研修やセミナーに対して、不安感・不信感が出てしまいます。
もう、そうなったら挽回するのは大変!!
聴衆の心を戻すのって、慣れた講師でも難しいものです。
だから、最初の30分間に聴衆を引き込み、研修やセミナーへの期待度を上げ、会場の雰囲気を一体化するような構成にします。
そのために、他の方がやっていないようなアッと驚く仕掛けを用意したり、受講生同士が触れ合えるように「名刺交換」や「インタビューゲーム」などのアイスブレイクを行い、場を暖め、そして、講師がこの研修やセミナーをやる資格があることを自己紹介とともにしていきます。
聴衆・受講生の特徴を考え、最初の30分間の流れを考えるために、私は準備段階で自分の知力の8割を費やしているほどです。
今回の新人研修では、最初にアッと驚く仕掛けということで、次世代プレゼンテーションツールのPreziを使って、自己紹介をしました。
003_2.png
狙いは抜群!
なんか今までは違うスゴイ人が出てきた。という目になり、関心度が一気に高まりました。
そして、ITという苦手意識があるテーマではありましたが、その後の2日間は積極的に研修に臨んでいました。
こんな聴衆や受講生を引き込むアイデアが、たくさん仕入れておくのもプレゼン力向上に必要なことですね。
※ちなみに、研修で使用した自己紹介スライドはコチラ
003_3.png