merumaga_head

 

From:プレ達 櫻井俊輔

講師として仕事をしていると
さまざまな企業に出入りをします。

単純に
単発の研修講師として企業にいったり、
セミナーハウスにいったりもしますが
違うパターンもあります。

それは、
 
 研修会社のパートナーになる

というパターン。

パートナーといっても
いろいろあり

一番、敷居が低いのが

 ≪ 登録講師 ≫

になることですね。

Webからできるような講師登録だと
あまりその企業と関わりは
深くなりませんが

パートナー契約を結び
その会社の名刺ももらったりすると
少し関わりが深くなりますね。

櫻井も何社か名刺をもらっています。

さらに、関わりが深くなるのは

 ≪ 新しい研修を作る ≫

関係になることです。

そうすると、
相手の本気度もあがるので、
自分ひとりの人脈やリソースだけではなく
相手の人脈やリソースも
より活用できるになります。

今までも企業と一緒に研修を
作ったことがありましたが、
ちょっと大きな規模の
研修事業が始まる予定です。

そのために、
10月からとあるIT企業の
アドバイザーになります!

またまた、名刺が増えますね(^^;

そのIT企業の顔として
外部で事業プレゼンなどもする予定。

どんな展開になるか
これから楽しみです♪

さらに、
別の企業ともコラボして
またまた違った切り口で
研修を計画中。

こっちも
面白い展開になりそうで
ワクワクしています。

研修講師を行いたい人、
研修講師を目指す人は
絶対に

 「営業ができる人・企業」

と組んだ方がいいですよ。

コンテンツを作りながら
営業するのはとても大変ですし、
先生業の人が、
自分で売り込むと価値が下がりますからね。