merumaga_head

 

From:プレ達 櫻井俊輔

今日から9月。

子どもたちの
夏休みも終わりですね〜

大学生は
まだ夏休みかな?

今日は慶応大学がある
横浜の日吉で
メルマガを書いていますが

いつも満席の喫茶店が
今日はガラガラです。

もし、過去に戻れるのなら
櫻井は学生時代に戻りたいですね。

大学の時は
部活の練習があって
大変だったので、
やはり小学生くらいかな〜

1ヶ月くらいある
夏休みを有意義に
使いたいです。

その当時は
テレビを見たり
ダラダラ過ごして
あっという間に夏休みが
終わってしまった気がします。

もっと
やることがあっただろうに・・・

なんて、大人になった
いまだからこそ
そんなことを思ってしまいます。

忙しくしているからこそ
時間の大切さがわかる。

もし、過去に戻っても
時間に追われることがない子供では
時間を大切にしないんでしょうね。

忙しい中、
時間を上手く使っている人は
たいてい

 《 なにもしない時間 》

を作っています。

「びっしりスケジュールが埋まっている
 自分ってすごい!」

なんて、感じる人は
時間管理ができない人です。

なにもしない
予定がない時間

があるからこそ
突発的なことに対応できるし
時間を柔軟にコントロールできます。

これは、
研修やセミナーをやる場合も一緒。

研修やセミナーをやる際には
必ずタイムテーブル(進行表)を
作成します。

研修の時間が伸びてしまう人は
このタイムテーブルを
時間キッチリに作ってしまうんです。

研修やセミナーが
時間どおりに進むなんてことは
ありません!!!!

だって、
聞き手の反応によって
話の内容が変わったりしますからね。

だから、櫻井は必ず

 《 10分程度のなにもしない時間 》

をタイムテーブルに入れておきます。

この何もしない時間を
上手く使いながら、
当日の受講生の状態にあわせて
時間を調整します。

これは、制限時間があるプレゼンも一緒です。

計画的に

 《 なにもしない時間 》

を入れてくださいね。