merumaga_head

 

From:プレ達 櫻井俊輔

運動会の思い出って
なんですか?

自分たちが子供の頃は
どんな競技がありましたかね〜

大玉転がし
とか
障害物競争
なんかがあった気がします。

今日は、息子(小3)の
運動会だったのですが、

大玉転がし
障害物競争
組体操

はなかったですね。

組体操は
昔ながらの

・扇
・サボテン
・飛行機
・五重塔
・ブリッジ
・ピラミッド

とかを作るものではなく
ダンスと一緒に組体操を
行うようなものに
進化していました^^;

櫻井の運動会の思い出は、
専門学校教員時代の
スポーツフェスティバルですね。

私がいた学校は
年に1回
3,000名規模で
スポーツフェスティバルを
行います。

場所は、代々木の
東京体育館!!
(いまは、東京ドームでやっているそうですよ!!)

もともと
大学時代に体育会の実行委員でしたし、
体育会少林寺拳法部員だったので
スポーツ系のイベントは
土地勘があります。

土地勘というのは、

 《 イベント運営ができる 》

ということ。

専門学校のスポーツフェスティバルでは
毎年、教員側の実行委員として
準備から当日運営までを
行っていました。

櫻井は主に
「招集・誘導係」
をやっていましたね。

競技ごとに

参加者の点呼
入場できるように整列
入退場・競技中の誘導

が任務。

さすがに
3,000名規模になると
これはもう大変な作業です。

「招集・誘導」
が滞ると、
全体進行に影響がでてしまいます。

だから、
学生たちの行動の先読みをして、
最新の注意を払って
任務にあたっていました。

1日中、気を張っているので
スポーツフェスティバルが
終了することにはクタクタに。

大きな声で招集・誘導をするので
声は枯れるし、立っているのもやっとの状態に
なります。

けど、
人の流れを見て、
先読みをし、
相手の行動を誘導していくスキルは
研修の

 《 場をコントロールする 》

チカラにかなり役立っていますけどね。

過去の経験を
今の仕事にどのように活かしていくか。

これも自分を成長させる
一つの観点です!!