merumaga_head

 

From:プレ達 櫻井俊輔

先日、起業コンサルの方と
お話したときのこと。

「自分自身が克服してきたことは
 教えられるのですが、
 もとからできることは
 教えられないんですよね〜」

という話を聞きました。

そういうことってありますよね。

数学が得意な人が
数学が苦手の人の気持ちが分からず、
教えられないみたいな・・・

「だって、公式に当てはめればいいじゃん」

って思うんですが、

「その公式がどうしてそうなるのか
 わからない」

と言われてしまう。

(あ、これは櫻井と妻の会話です^^;)

《 教える 》

って、実は
専門家や知識がある人が
有利なものではありません。

もともと苦手だった
うまくできなかった
毛嫌いしていた

なんて事のほうが
うまく教えられたりします。

つまり

《 ちょっと
  先輩であれば教えられる 》

ものです。

自分が

克服してきたこと
工夫してきたこと
乗り越えてきたこと

の具体的な方法や
その時に自分が感じた思い
苦労や悩みを
そのまま伝えると相手に響く。

なぜか、
苦手だったことを
克服してきた人って

 昔からできていました!

みたいな感じで
話をするんですよね〜

そんな見栄をはる必要は
まったくありません。

むしろ
ダメだった自分をさらけ出したほうが
聞いている相手は
あなたに親近感を覚えますし、
あなたの話を真剣に聞くようになりますよ。