merumaga_head

 

From:プレ達 櫻井俊輔

18歳の頃って何をしていましたか?

私は
大学1年生でした。

体育会の少林寺拳法部に入部し
ツライ練習をしていましたね。

4月のこの時期は
まだ新入生歓迎会などで
ウェルカムムードだった気がします。

新歓の時はあんなにやさしかった先輩達が
豹変するなんて・・・

まあ、
私の18歳の頃はさておき。

今日から
横浜の専門学校での
授業が開始しました!

1時限目〜6時限目まで
バリバリこなしてきましたよ。

午前中は30人の男子クラス。

午後は60人のほぼ男子クラス
でした。

ほぼというのは、、、
女子が2名しかいなかった。

IT系の専門学校は
やっぱりこんなもんですよね。

Web系の学科は
女子が少し多いらしく
さっそく男子クラスの子たちが

「さっき、カワイイ子いたぞ!」
「◯◯、声を掛けてこいよ!」

なんて言っていました。

若いですね〜。

櫻井は1年生を担当していますので、
70%の子たちが18歳でした。

正直、
久しぶりの学生に対する授業だったので
すこし不安がありました。

けど、さすがに5年ちかく
常勤の教員として登壇していた
経験がありましたから
すぐに馴染みました。

はじめての学校で
はじめての授業でしたが
もう何年もいるような
雰囲気をだすことができました^_^

これから、
毎週火曜日と木曜日が楽しみですね。

学生もだんだんだらけてくるので
これからが腕の見せどころです!

とくに4月、5月は
ベースとなる知識を学ぶため
座学が中心。

授業を受ける方も大変ですが、
教える方も
割りとつまんない授業なんです。

教える側の

「つまらない気」
「乗らない気」

というのは、
100%相手に伝わります。

不思議なものです。

だから、いかに
自分自身も楽しめるかが大事。

人前で話すのも一緒です。

自分が苦手意識を思っていたり
嫌だなと思っていたりすれば
そのマイナス感情が相手に伝わる。

「自分は話すのが得意なんだ」
「好きなんだ」

と自分を騙すことも大切ですよ。

 


※ この記事は、メルマガ ”プレ達通信”で配信している内容です。
※ メルマガ登録することで、毎朝、”プレ達” 櫻井俊輔からのメッセージがあなたのもとに届きます。

メルマガ登録フォーム