merumaga_head

 

From:プレ達 櫻井俊輔
大磯駅前のカフェより、、、

山あいに咲きほこるサクラを
観ることができました^_^

小学校3年生になった息子は
同級生とそのお母さんたちと
花見に行ったみたい。

さきほど、
満開のサクラと一緒に撮った
写真が送られてきました。

くやし〜〜

今日は、プレゼン資料作成代行の
初回打合せのため
クライアントのオフィスを訪問

遠距離の場合は
Skypeで打合せをしますが
近場であれば
お伺いすることもあります。

その人のオフィスにいくと
いつもいる場所なので
素の姿をみることができますね。

プレゼン資料作成を
代行する上で注意しているのは

《 櫻井色になりすぎないこと 》

やはり、最終的に話をするのは
本人なので、
本人のキャラクターにあった
資料にしないと違和感が生まれてしまいます。

アメリカなんかだと
プレゼンテーションそのものの代行も
あるみたいですけどね。

あなたの会社の社外プレゼンター
みたいな感じですね。

日本ではそこまでいかないですかね〜
そのうちいきそうな気がしますが。。。

で、
初回打合せでは、
クライアントの伝えたいコアなものは
なんなのかをヒアリングします。

結構、コアメッセージが
あいまいな事が多いので
ヒアリングをしながら
クライアントの奥底に眠るコアなものを
あぶり出していきます。

そして、どんなストーリーにするか
骨格を固めるという作業をします。

今回は
出版オーディションのプレゼン資料なので
最終ゴールは
より多くの出版社の手が挙がること。

本を書きたいという人ですから
伝えたいことはたくさんあります。

たくさんある中から
削りに削って
メッセージを洗練させる作業をします。

今回のオーディションは
プレゼン時間が10分強です。

絞りに絞った
ムダな贅肉のない
メッセージが大事なのは
言うまでもないですよね。

多くの人は

アレも言ったほうがよい
これも言った方がプラスになるのではないか

と思って、
いろんなことを言ってしまいます。

聞く方にしたら

そんなに言われても
わかりません!!!

というのが本音です。

一度にたくさんのことを
聞いて理解することはできませんからね。

相手に正しく伝えるためには
メッセージのダイエットが重要ですよ。

まあ、人のダイエットと同じで
一人でやるのは
覚悟が必要な作業ではありますが・・・・

自分を律しないと
メッセージを削る勇気を持てない人が
多いですからね。

PS.
出版を目指す人も依頼する
資料作成はこちら!!

 


※ この記事は、メルマガ ”プレ達通信”で配信している内容です。
※ メルマガ登録することで、毎朝、”プレ達” 櫻井俊輔からのメッセージがあなたのもとに届きます。

メルマガ登録フォーム