merumaga_head

 

From:プレ達 櫻井俊輔
五反田のコワーキングスペースより、、、

久しぶりに五反田にきました。
起業してすぐに
お世話になっていたコワーキングスペース。

櫻井自身も起業したてでしたが、
コワーキングスペースも
立ち上げたばかり。

親近感がものすごくあり
ホッとするスペースです(^^)

自宅での作業や
横浜方面での仕事が
多くなったので
五反田に行くことがすくなくなって
3ヶ月ほど。

久しぶりにいったら
盛況な雰囲気で
どんどん順調に進んでいるのが
肌で感じることができました。

櫻井も負けていられませんね〜
がんばろっと。

昨日は
その五反田のコワーキングスペースで
パワポの個人指導をしました。

生徒さんは
マナー講師の先生。

専門学校を中心に
ホテルなどのサービス業につく
学生さんにビジネスマナーなどを
押している方。

見よう見まねで
パワポの資料を作っていたけど
もっと学生を惹きつける資料に
したいと櫻井のところに来ました。

櫻井のパワポ指導は
ただ単純に操作指導をするわけでは
ありません!

事前にいま作っている
パワポ資料を提出してもらいます。

そして、
そのパワポの悪い点を指摘し
使うシーンに合った資料がつくれるように
指導をしていきます。

もちろん
テクニカルなことも指導します。

今回の生徒さんは
マナー講師なのに
「マナーに必要な心」が
入っていない資料でした。

マナーを考える際に
もっとも重要な心というか
スタンスってなんだと思います?




それは、

「おもてなしの心」

つまり

「相手に合わせる心」
「相手が何をしたいのか、何をして欲しいのかを
感じる心」

です。

けど、
その方の資料は
授業を受ける生徒のことを
まったく考えられていない資料でした。

・文字が小さい
・同系色を使っているので文字が見にくい
・パワポに入っているデザインを使っているので
デザインがうるさい(気が散る)
・パワポのデフォルト設定のままなので
文字が読みにくい!
・アニメーションが視線の動きにあっていない

などなど。

それを一つ一つ指摘した上で
まずは基本となる

『文字や箇条書き』

の使い方からレクチャー。

櫻井自身も学生相手の授業を
経験しているので
授業でのポイントなども
一緒にレクチャー。

本当に簡単なことだけを
まずは教えましたが

「パソコンが苦手なので
パワポに苦手意識を持っていました。
けど、できることがわかるとすごく楽しい!
家に帰って、早速復習します♪」

と喜んで帰って行きました。

個別指導はあと2回ですが、
どんなパワポが作れるようになるか
楽しみデスね。

資料作成のスキルは
身につけば、ずっと活用できる技術です。

そして
このマナー講師の先生と一緒で
教わったことがないから
苦手意識を持っている方が
たくさんいます。

ちょっとコツが分かれば
一生使え、他の人と差別化できる
技術が身につきますよ^_^

PS.
我流ではない、
一生使え、ライバルと差をつける技術を
身につけたい人はコチラを見てくださいね。

 


※ この記事は、メルマガ ”プレ達通信”で配信している内容です。
※ メルマガ登録することで、毎朝、”プレ達” 櫻井俊輔からのメッセージがあなたのもとに届きます。

メルマガ登録フォーム