merumaga_head

 

From:プレ達 櫻井俊輔

大学2年生の春。

ざわついている
600人以上の学生を
一声で黙らせたことがあります。

その頃、
体育会組織に所属していました。

その組織は
櫻井が通っていた工学部にある
20の体育系部活を
束ねる役割をしています。

春は体育館で
20部合同の
新入生歓迎会を行うんです。

そろそろ、会がはじまる時間。

司会の先輩が

「開会式をはじめますので、
静かにしてください」

とアナウンス。

しかし、
盛り上がっている
大学生の集団は
一向に静かにならない。

というか、
まったくアナウンスが
聞こえていない。

何度も何度も
先輩がアナウンスしても
静まる気配がない・・・

櫻井はそのとき下っ端だったので
会場内で案内をするなど
雑用をしていました。

司会者席を見ると
困っている先輩たちの姿。

そこで一言

「静かにしろ!」

と地声で一喝。

600人の学生が
一気に私に注目し
しーんとなりました。

そこですかさず
司会の先輩にアイコンタクトを送り
無事、会がスタートすることに。

体育会の少林寺拳法部に
所属していたこともあり
若いころは
マイクを使わずとも
地声で大勢に話すことが
できたんですよね〜

けど、40歳になり
やはり衰えが・・・

そこで
発声の基本を一から学ぼうと思い
12月からボイストレーニングに
通っています。

正しいやり方を教わると
いままでいかに我流だったかを
思い知りますね。

正しいやり方だと
大きな声で発声をしても
喉が疲れない。痛くならない。

20代のころは
自然とデキていた
腹式呼吸が
運動不足とともに
できなくなっていたんですね。

喉で声をだすように
なっていたみたいです。

やはりプロに正しいやり方を
教わることは大事だなと
実感しました。

これは、
プレゼンテーションも一緒。

なんとなくデキている人
苦手意識がある人
うまくなりたいと思っている人

色んな人がいると思います。

いつも言っていることですが、
日本人は、プレゼンをちゃんと習ったことが
ないんですよね。

だからこそ
正しいやり方を学ぶと
他者よりも一歩も二歩も
先に行くことができますよ。

ボイストレーニングは
毎週たった30分間のレッスンですが
毎回毎回、自分の課題が見つかって
とても楽しいです(^^)

PS.
プレゼンテーションの正しいやり方を
一度は知っておきたい人はこちら
↓↓↓↓
櫻井があなたにあったプレゼンのポイントを
その場でアドバイス「必勝プレゼンクリニック」

 


※ この記事は、メルマガ ”プレ達通信”で配信している内容です。
※ メルマガ登録することで、毎朝、”プレ達” 櫻井俊輔からのメッセージがあなたのもとに届きます。

メルマガ登録フォーム