merumaga_head

 

From:プレ達 櫻井俊輔

先日、ある女性起業家と
話をしました。

その方が言うには

「女性起業家には
 300万円の壁がある」

そうです。

どういうことかというと
女性起業家が
美容やダイエット、
ヒーリング、スピリチュアル系
などで起業する。

そうすると、
カウンセリング
コーチング
個別相談
がメインのサービスになる。

こういうサービスは
自分がいないと提供できない
サービス。

そして、
基本1対1で提供する
サービスなので
自ずと1ヶ月に対応できる
人数が決まってしまうんです。

1日24時間で
1ヶ月は30日前後って
決まっていますからね。

いわば、

「自分の時間を売るサービス」

なわけです。

そうすると
時間単価を上げないと
大きくは稼げない。

そこで
「300万円の壁」
にぶち当たるということ
だそうです。

女性に限らず

「自分の時間を売るサービス」

をメインにしてしまっている人は
同じ悩みを持っているのではないですか?

しかも、

低価格でサービスを提供している人
サービスの単価を上げられない人
自分の業界はそれが当たり前だと思っている人

は、その傾向が強い気がします。

このような方は

《 サービスを仕組み化 》

することができていないから
300万円の壁を超えることがデキない。

サービスを仕組み化する
1つの手段として
《 セミナー 》や《 スクール 》
などがあります。

セミナーもただ見込み客を
集めるためだけにやっていてはダメ!

全体の仕組みの中でどう動かすのか
を考えないと結果にはつながりません。

『とりあえず』で行ったことは
『とりあえず』の結果しかでない

櫻井は常にこの言葉を
意識しています。

ちなみに
もっと大きな夢を実現するには
《 セミナー 》や《 スクール 》
の先にある仕組みを作る必要がありますね。

あなたは
自分の”時間”を売っていませんか?

 


※ この記事は、メルマガ ”プレ達通信”で配信している内容です。
※ メルマガ登録することで、毎朝、”プレ達” 櫻井俊輔からのメッセージがあなたのもとに届きます。

メルマガ登録フォーム